スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビニール肌の改善方法(4) 一度、プロに診てもらう

Category : ビニール肌
美容皮膚科と、エステに通いまくっていた私。

週2~3で、小顔やらレーザーやら、刺激の強いものばかり受けていたので、

それは、ビニール肌にもなるよね・・・ヾ(;´Д`●)ノ と、今から思えば納得です。

そんなこんなで、残りの回数券も投げ打って、すべて通うのをやめてしまったのですが、

そういえば、いつも基本受け身の姿勢で、一方的にお手入れをしてもらうばかりだったことに気が付きました。

あの時、もうちょっと、肌のことについていろいろ説明をうけていれば、
ビニール肌にもならなかったのでは・・・(´;ω;`)

あと、ひとつだけ言い訳をすれば、美容皮膚科の先生は、基本的に忙しそうで
いろいろ質問をすると、「基本」嫌な答えをすることが多く、

エステサロンでは、口を動かすと施術に支障がきたる(マッサージとか…)ので、

なかなか、聞きたくても聞けない状況でもありました。言い訳スミマセン・・・。

要は、小心者なので、聞きたくてもなかなか聞けなかったり、

「美容皮膚科感想ページ」にも書いたんですが、比較的聞きやすい美容皮膚科の先生に聞いても、

「そんなに気にしなくていいんじゃない。」

と、言われて終わってしまうことが多かったのです。


そこで、ビニール肌の悩みについて、きちんと聞いてくれて、原因や、対処方法を教えてくれる

プロはいないものか…と探したところ、「コスメカウンセリング」というものを発見しました。

これは、スキンケアや、メイクのプロが、マンツーマンで、自分のお肌についてカウンセリングしてくれるというもの。

こ、これだ!と思って、早速飛び込んだのが、銀座にある「エルメド・ボーテ・ギンザ」の、

「徹底カウンセリングスキンケアレッスン」。

お値段は、エステ1回分よりちょっと安いくらいの、なかなかいいお値段なのですが、

エステはその場限りだけど、このレッスンを受ければ、自分で正しいケアが継続できるようになる、と

考えよう、と思って奮発しました。

内容は、マシンを使ったお肌チェック(シミ予備軍、水分、皮脂チェックなど)から始まり、

正しいクレンジング、洗顔、化粧水・美容液の付け方、クリームの塗り方などを一通り教わり、

もしかしたら、これはオマケなのかもしれませんが、メイクのコツまで教えてもらっちゃいました。

なかなか本気のレッスンで、実は若干疲れましたヾ(;´Д`●)ノ

あと、インナーケアの方法も教えてもらえました。

私の場合、とにかく、水分を保持する力が足りないですね、と、

いかにもビニール肌な診断結果を頂き、更にショックなことに、それが原因で、シミ予備軍が大量に

待ちかまえていることがわかりました・・・・・・・・・・・・・・・・orz

でも、それに対して、対策を教えてくれるのが、さすが!なところで、いろいろ目からウロコでした。

このレッスンに来る人で、正しくクレンジングができている人は5%くらい(!)というので驚きです。(あと、ちょっとホッとしました)

私は、化粧水、美容液、を一気に塗りすぎている!と指摘をうけて、

レッスンしてくれるお姉さんが、実際に塗ってくれた右側の肌と、自分でやった左側の肌で

まったくさわり心地が違うのに驚きでした。

レッスン代はかかりますが、結局、日々の化粧品を無駄に使っていたのを改善できるので、

トータルで見たら、大分お得なような・・・

もっと早くに受けたかったです。

私の場合、予約はオズモールを使いました。オズ特典があるので、直接行くよりもお得だと思います。

私のときは、ヘッドマッサージ10分と、コラーゲンドリンク1本が特典でした。


スポンサーサイト

非公開コメント

  

プロフィール

ヨシハラアンリ

Author:ヨシハラアンリ
■2013/8/23の速報
なんと!私イチオシのセラミドコスメ「エトヴォスアキュレ」が、リニューアルした模様です。

リニューアル記念のお得セットは
こちらをクリック


■ビニール肌の改善について
私が効果のあったビニール肌改善は、

・クレンジングと洗顔の見直し
・保湿するとき「肌に底をつくる」

の2つが大きかったです。

■反響の大きかった記事
ビニール肌改善(8) 肌改善成分をネットで安くget!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。